ポンプ選定ガイド

T.基本仕様の決定
  どのような液体を,どの位の流量で,どの位の高さ(圧力)まで揚げるかで,ポンプの分類や材質が決まります。
  1)液体,組成
    液名 ・ 液温 ・ 比重 ・ 蒸気圧 ・ 粘度 ・ 固形物の有無。
  2)流量,揚程
    流量及び全揚程(実揚程+全損失水頭)の決定。
  3)吸込条件
    吸い込み条件が厳しいと思われるものは,NPSHavや吸込比速度を算出。
  4)運転方法
    連続自動運転等でポンプが締切となる場合は,流量にミニマムフローの考慮が必要なときがあります。
  5)適用法規・規格
    適用法規・規格の有無。
  6)駆動機(モーター・エンジン・タービン等)
    ポンプの駆動機をどのようなタイプにするか決定。
U.ポンプ分類の決定
  液体組成や流量・揚程・据付条件によりポンプ分類を決定。
V.材質の決定
  液体及び組成によりポンプの主要材質を決定。
W.ポンプメーカー及び型式決定
  ポンプ分類・材質・液体組成の特殊性有無・適用法規の有無・運転条件の特殊性有無等によりポンプメーカー絞り込み。
  絞り込んだ数社より金額・仕様の比較をし,ポンプメーカー及び型式決定。
X.その他
  上記選定の際,必要に応じて軸封方式・ウォーターハンマー検討の考慮も。

トンカフローポンプ

トンカ画像1
用途
・逆浸透装置
・増圧器
・限外炉過
・セントラルクーリング
・ボイラー給水
・スプレー洗浄
・散水装置
・錆取給水
・耐圧試験装置
・フエルトシャワー

特徴
・トンカフロー多段遠心ポンプにより最高5.4MPaの圧力で 1.1m3/Hrの流量が得られ、静かでなめらかな、且つ高効率の運転が出来ます。
・このポンプはメンテナンスフリーであり、水や腐食性溶液等あらゆる種類の取扱いが可能
・標準仕様の材質は接液部をSUS316、,ノリル樹脂を使用しています。
・ベアリングの設計寿命は20.000時間であり、長時間連続運転の使用に耐え得る様設計されています。

水冷式トンカフローポンプ
lpg-200-40-c.gif

特徴
省スペース
据付面積極少!モーターの設置スペースがあれば据付可能です。
極低騒音
騒音源解消!騒音源であるモーターファン及びベアリングフレームがない為、騒音が殆んどありません。
省エネルギー
ベアリングフレーム及びモーターファンを装備しない設計により更に省エネルギータイプとなりました。
廉価
合理生産により、低価格で御利用いただけます。
ノーメンテ
高速バランス設計と摺動部分がほとんどなく消耗部分が極小です。
モーターとポンプは特殊カップリング使用により芯出し作業が不要です。


寸法図および寸法表